ながやまのこだわり
対面販売へのこだわり
ながやま各店舗の精肉売場には、対面販売コーナーが設置してあります。これは、創業者である永山社長が精肉店時代に、対面売場でお客様と接しながら、『今日は肉じゃがをするのだけど、ジャガイモが置いてあると助かるな』と要望があればジャガイモを仕入れ、『今日はカレーをしたいけど、カレー粉も置いてあるといいね』と要望が出れば、たとえ1パックでも、カレー粉を仕入れて陳列するなど少しずつお客様の要望にお応えしながら、品揃えをした結果、当時の精肉店のスペースでは陳列出来ないくらいになってしまい、スーパーの1号店である乙房店を開業し、現在に至った経緯があります。
そして、ながやまの経営理念である「全ては、お客様に喜んで頂く為に、そして社会の為に」を実践する場として、また創業以来の伝統として、お客様の生の声を直に聞き、少量多品種販売や、小分け販売などお客様の要望にお応え出来る場として対面販売コーナーは今なお、各店精肉売場に受け継がれています。

< もどる
  対面販売へのこだわり